TOP ビッグプロジェクト プロフィール 実績
 まーちゃん日記
<<先月のページ | 次のページ>>
2017年12月14日(木)定休日
予定
<12月定例県議会>一般質問日
・県議会
2017年12月13日(水)
予定
<12月定例県議会>一般質問日
・県議会
2017年12月12日(火)
予定
<12月定例県議会>一般質問日
・県議会
(・建築士事務所協会 理事会他)
2017年12月11日(月)
大北神社③ 神額

先日竣工した「大北神社の神額と鈴」

<12月定例県議会>一般質問日
今日の県議会は、一般質問二日目。
 1.板橋議員「川口市選出・自民・2期」
 2.大嶋議員「熊谷市選出・県民:1期」
 3.杉島議員「入間市選出・自民・1期」

今、悪い方で話題になっている神社のお話。
殺人事件のあった富岡八幡宮は、創建おおよそ400年とのこと。
今回、私が設計監修した「大北神社」も、創建おおよそ400年です。
大北神社、小さくとも大切に伝承していかなければいけない。
ところで、上の写真の「大北神社/神額」は、私の監修です。

…能力全開
2017年12月10日(日)定休日
武蔵野雑木林

皇居東御苑の雑木林
昨日

<12月定例県議会>休日休会日
都心にあって、皇居東御苑にある旧二の丸の雑木林が素敵だ。
天皇陛下の強いご希望で、この武蔵野雑木林が作られたという。
※東御苑:入場には手続きが必要だが、気軽に入場することができる。

夜、明日からの県議会のためにもストレッチに出かけた。~心身鍛錬

…都心の雑木林散策
2017年12月9日(土)
紅葉は終了

皇居乾通りの紅葉?「乾堀」

<12月定例県議会>休日休会日
皇居乾通りが明日まで開放、紅葉?が楽しめる。
今日、
まーちゃんは東京駅から皇居へ、そして東京駅へと歩いた。
2時間半の東京探訪であった。
坂下門~乾通り~本丸~二の丸~平川門、好きなコースである。
なお、紅葉は終了していた。(明日、期待できないですよ!)

今週は、一昨日と今日にそれぞれ一万歩以上を歩いた。
明朝、足痛でなければ良いのだが…。

…紅葉なくとも、気分爽快
2017年12月8日(金)
議会質問

高橋政雄の議会質問「埼玉県議会/本会議場」
撮影:ゆうちゃん

<12月定例県議会>一般質問日
高橋政雄が議会質問に立ちました。
●高橋政雄の質問
 
1.フロン対策の必要
 2.美しい壁面緑化
 3.自殺対策
 4.救急医療体制の充実
 5.県北地域にも高度医療を
 6.高品質な中古住宅の流通
 7.調節池の普段使い


夜には、定例の議員情報交換会。

…元気に、提言・質問
2017年12月7日(木)定休日
ゴッホ展

ゴッホ展「東京都美術館」

<12月定例県議会>議案調査日
午前中、議会質問の協議。
午後から、忙しい体だがいつもの探訪へ出かけた。
今日は、上野の東京都美術館へ。ゴッホ展に出かけたのだ。
(写真)

忙しい時ほど、充電と健康管理も必要と考える
ちなみ今日、13,000歩、歩きました。

…足が、痛いよー
2017年12月6日(水)
今冬一番の寒さ

駅頭「浦和駅東口」
撮影:ゆうちゃん

<12月定例県議会>議案調査日
今朝も、ゆうちゃんと駅頭「浦和駅東口北側」を行った。

今冬一番の寒さと感じた。~指が凍っていた。
(写真)

県議会へ、明後日議会質問をする質問通告を行った。
※質問通告:県議会では、質問の2日前正午までに質問項目を提出する。

…寒さに負けずに、頑張る
2017年12月5日(火)
3時33分

今朝、起床した時間~3時33分

<12月定例県議会>議案調査日
「浦和駅ご利用の皆様おはようございます。
 地域の皆さまに永い間、見て読んで頂いております高橋政雄の
 地域通信も早16年。 通算214号となりました。感謝申し上げます。
 この通信は、高橋政雄自分自身の手で作っております。100%
 オリジナルです。
 今後とも、地域の皆様と心を一つに一生懸命作ってまいります。
 行ってらっしゃいませ…。」

朝早くに起きて、「ゆうちゃん」と浦和駅東口にて、朝の駅頭を行った。

午後、今日も地域あいさつ回りを行った。

…こつこつ、こつこつ
2017年12月4日(月)
議員在職10年

議員在職10年表彰「県議会」

<12月定例県議会>開会日
今日から、12月定例県議会が始まった。
会期は、22日(金)まで。


他に今日、議員在職10年の表彰を受けた。

早いものです。あっという間の10年でした。

午後、地域のあいさつ回りを行った。
たくさんのお宅へ行くことはできないが、地道な毎日が大切だ。

夜、議会質問の原稿作成作業を行った。
なんと、昨夜は夕方4時から深夜2時まで原稿作業をしたのだ。
夜中までの作業。~まだまだ、若いなー?と思った。

…これから、これから
2017年12月3日(日)定休日
大北神社② 棟札

大北稲荷神社「棟札」 昨日

昨日、大北稲荷神社の竣工式が行われた。
その時に、収められたのが写真の棟札
既存の棟札から、この神社本殿の創建は400年近く前。

(慶安3年/徳川三代将軍・家光の時代)

今回、建て替えに際して新たな棟札を納めさせていただいた。
(写真/設計監修:建築家 高橋政雄)

…歴史に名を刻んだ
2017年12月2日(土)
大北神社① 竣工

大北稲荷神社「完成/正面」

建設中であった大北神社が竣工の運びとなった。
(写真/神社正面)
地元の人を中心に、28名の方々が参加した。
自己評価、
すごーく可憐で美しく仕上がった。
言ってくれれば、いつでもご案内しますよ。
(都合がつけば)

…まーちゃん作、参道
2017年12月1日(金)
守り育てる文化遺産
<11月の活動から>

地域の祭り
「三室小」
 撮影:ゆうちゃん
…毎年、参加しています


ふれあいフェスティバル
「中尾」
なみちゃん、マー君と共に  撮影:スタッフ
…恒例の「ドーナッツ屋さん」



イルミネーション点灯「東浦和駅」
 撮影:ゆうちゃん
…美しさを求めて


都内探訪「国立新美術館」
 撮影:まーちゃん
…黒川紀章 設計



環境農業委員会の視察
「茨城県農業大学校」
  撮影:県スタッフ
…農業後継者を育てる



設地域のグラウンドゴルフ大会
「大間木グラウンド」
  撮影:ゆうちゃん
…ご高齢者の健康のサポート



設計作品での石屋のまーちゃん」
「大北神社」  撮影:なみちゃん
…時には、汗を流す仕事が好きなんです



朝の駅頭門「東浦和駅」
 撮影:ゆうちゃん
…暑い日も、どんなに寒い日でも
 師走

9月定例県議会の代表報告 「テレビ埼玉放映/県議会」

例年よりも早く寒い冬がやってきた本年
地域の皆様には
ご健勝にてお過ごしの事とお慶び申し上げます
日頃からの地域活動へのご理解とご協力に
心から感謝申し上げます
地域のために一人ひとりのために働いて参ります
今後ともご指導ご鞭撻をよろしくお願い申し上げます
                 平成二十九年十二月

     
     守り育てる文化遺産

      《家族の紹介》
●高橋政雄  65歳 埼玉県議会議員三期生
 まーちゃん 危機管理・大規模災害対策特別委員会委員長
        環境農林常任委員会委員
        
埼玉県私立学校審議会委員・浦和競馬場組合議員
           埼玉県自民党県議団副団長
           (社)埼玉県建築士事務所協会顧問
           (社)埼玉県宅地建物取引業協会浦和支部顧問

       ・資格: 一級建築士・宅地建物取引士
            被災建築物応急危険度判定士
       ・趣味仕事
(政治・建築)
            歴史遺跡・建築探訪
            街中探訪
       ・夢 希望
建築家音楽家画家・書家・作家
         ○体力55歳・精神45歳・自覚年齢16歳です
●高橋直子  5?歳 ㈱高橋政雄設計事務所役員
 なおこさん ・趣味 お食事・お話・美容
       ・夢 希望 心身、健康美人
●高橋佑輔  31歳 ㈱高橋政雄設計事務所勤務
 ゆうちゃん      高橋まさお政務秘書
       ・資格宅地建物取引士・防災士
        ・趣味音楽・旅行・友達
        ・夢 希望 社会実践
        
○あっという間に31歳。新たな飛躍を
●酒井菜美絵 29歳 高橋まさお政務秘書
 なみちゃん  ・資格: 宅地建物取引士
        ・趣味 映画鑑賞・食事・旅行
        ・夢 希望 明るい家族
        
○もうじき、子供が…。
●高橋正成  22歳 大学生
(理工/建築科)
 マー君    ・趣味美術鑑賞・歴史考察・建物探訪
        ・夢 希望 歴史を観る
健康遊び
        ○絵画・音楽にも興味が…

               
    完成直前、まーちゃん設計監修の現代神社「大北稲荷神社/緑区東浦和」

     
~創建、慶安3年(築367年/本殿)…この後、400年耐えられるデザインを
●文化遺産を継承する

  昨年、地域に古くから建つ大北(おぎた)神社の本殿扉奥から、
棟札が見つかった。その書き込みから、築400年近くになる神社
本殿であることが判明した。その時すでに、この神社覆家の設計
監修を依頼されて1年が経過していた。
 神社の仕事はかなり以前に、改修でかかわった経験をしていた。
しかし、建て替え、新築の設計は初めてとなる。当然、建築家とし
ての誇りと良いものを残したいという強い思いがあった。
 そこへ、昨年の年代調査の結果である。なおさら、郷土の建築家
としての責任感と、熱い挑戦への勇気が沸いてきたのだ。
 地元地域の伝統遺産を未来へ引き継がなければならない。また、
ここで育つ子供達のためにも、ふるさとの美意識、拠点、思い出を。
美しく伝統を感じる郷土地域づくりへつながるお手伝いなのだ。
 私も、様々な体験、経験を重ねて勉強をしてきた。だいぶ、歳もと
ったが、だからこそ知識と理論に裏打ちされた落ち着いた仕事がで
きるようになったと思っている。
 今回は、現代神社の設計監修を通しての郷土地域の誇りづくりへ
の挑戦だ。たっぷりと楽しんで仕事をした。
                 建築家(一級建築士) 高 橋 政 雄