TOP ビッグプロジェクト プロフィール 実績
フォト日記
<<先月のページ | 次のページ>>
2017年10月19日(木)
建築探訪「ミュンヘン「美術館」 / ドイツ⑪-3」 平成29年夏

クリムト作 ウィトゲンシュタインの肖像「ノイエ・ピナコテーク美術館/ミュンヘン」
…大好きなクリムトの作品を2つ見ることができた。粋な展示の仕方に感服した!

ノイエ・ピナコテークは1853年にルートヴィヒ1世によって開設された。
第2次世界大戦の戦災によって、建て直されたために建物は新しくモダン
私の訪問した日曜日は、入場料金が1ユーロ(約130円)であった。
信じられないほどたくさんの有名な作品が、ただ同然でみられる。
※懐の奥深い歴史ある芸術、文化のヨーロッパだ!
                    
 ふと横の部屋を見ると「クリムト」    クリムトの「音楽」          さりげなくルノワール
 
~ヨーロッパのどこの美術館でも、作品の展示の仕方に驚かされる。…さすがに芸術の国々!
     
 ゴッホの「ひまわり」    ゴッホの「アルルの見える花咲く果樹」  セザンヌの「自画像」
…他にクールベ・ターナー・ドラクロワ・ミレ・モネ・マネ・ドガ・ゴーギャン・マティス・ピカソ等々の5,000にも及ぶ作品が収蔵。

 高橋 正成
2017年10月14日(土)
建築探訪「ミュンヘン「郊外」 / ドイツ⑪-2」 平成29年夏

ビールを運ぶ女性人形「ミュンヘンで購入/全長6cm」
…大男大女の国、美男美女の国、そしてビールがおいしい国ドイツ!

ドイツビールの歴史はミュンヘンに始まる。周辺には多くのビール醸造所がある。
また、ドイツ全土にある「小さな庭」クラインガルテンがミュンヘンにもある。
19世紀に始まった賃貸型の各100坪程の市民農園、庭や畑とともに小屋も設置。
特に都市部の労働者や子供達のために、自然と触れ合う場を提供している。
※食事は、いま一つだがビールは美味しい!
                  
     経済的宿泊のホテルとレンタカー      朝は、ほとんどパン   市内への交通は、地下鉄など
 
~インドや中東系の宿泊者がほとんどのお安い宿 …宿代・食費を倹約して、美術館やコンサートへ
   
クラインガルテンの各庭案内板「ミュンヘン」        畑                  庭
 
…都市部にて、こんなにも緑と触れ合える場所があることがうらやましい。…とても勉強になりました!

 高橋 正成
2017年10月12日(木)
建築探訪「ミュンヘン「市街」 / ドイツ⑪-1」 平成29年夏

典型的なドイツ料理(ソーセージと酢キャベツ)「ホーフブロイハウス
…基本がチーズとバターで調理のドイツ料理

ミュンヘンは輝いていた。晴れがましい広場や白い柱の神殿や古典趣味の記念碑…。」
トーマス・マンが「神の剣」で描写した旅人を温かく迎え入れるミュンヘン。
それから約100年で町は激変した。レストラン等でのひどい接客態度などなど。
こんなサービスを今まで体験したことはない。たまたまそうであったと信じたいが…。
あの温かく規律正しいドイツの人達は、どこへ行ったのか?
(辛口)
※移民等多人種住民等で、人心が荒れてしまったのか?それとも他に理由が…?
        
大勢の客で賑わう有名ビアホール「ホーフブロイハウス」  1?ジョッキ   新市役所「夜のマリエン広場」
…超満員のお客、接客は最低。…行かないほうが良い!それとも、最低の接客を体験してみる?
       
 クラシックコンサート「レジデンツ」 会場の礼拝堂「レジデンツ」  豪華なレジデンツ内部
 …ヴィバルディーを豪華なレジデンツ内の礼拝堂にて堪能

 高橋 正成
2017年10月8日(日)
建築探訪「ダッハウ / ドイツ⑩」 平成29年夏

「ARBEIT MACHT FREI」 収容所入口の鉄扉「ダッハウ強制収容所」
…入口の鉄扉に書かれていた「労働は自由をもたらす」 ガス室はシャワー室と表示されていた。

ミュンヘン近郊のダッハウには、ナチスによるドイツで最初の強制収容所があった。
ユダヤ人だけでなく、思想、政治等の問題で多くのドイツ人やポーランド人も収容されていた。
広大な敷地内には、牢獄・管理棟やガス室・死体焼却炉などが保存されている。
ナチスドイツの残虐な行為を今に伝えている。
※収容所の隣には、死ぬまで酷使された広大な工場が併設されていた。
            
   狡猾な表示「労働は自由をもたらす」       鉄扉のある強制収容所の入口
     
  管理棟と拷問も行われた牢獄        牢獄の収容室(個室)  収容者棟の木製ベット「復元」
…ナチスに不利益な政治犯・思想犯等は、厳しく弾圧された。

 高橋 正成
2017年10月5日(木)
建築探訪「アウグスブルク / ドイツ⑨」 平成29年夏

ドイツ・ルネッサンスを代表する建築「市庁舎/アウグスブルク」
…この町にも、憩の美しい広場がある「市庁舎前広場」

アウグスブルクはロマンチック街道で最古の町、そして最大の都市。
ローマ皇帝「アウグストゥス」の時代、紀元前15年に軍事拠点として築かれた。
15~16世紀には、遠方貿易や銀行業で黄金時代を迎え、建築・芸術が花開いた。
ミュンヘンからICE超特急で約30分。ロマンチック街道バスも停車する。
           
  この町にも、トラムが走る      素敵な香りの裏路地    とっても美味しい「いちごアイス」
…街中に清流が流れ、ルネッサンス香る素敵な町。…ここに住んでみたい
                 サラダ専門店「市庁舎前広場」  並んで(左奥)、サラダランチを注文      感動の食事「サラダランチ」
…このサラダランチがドイツで、一番おいしかったかも?

 高橋 正成
2017年10月2日(月)
事務所開き!
9月29日(金)に前衆議院議員村井英樹様の事務所開きに参加させて頂きました。

高橋本人は定例議会開会中につき代理で私が伺いました。

当日は快晴で過ごしやすい陽気の中、たくさんの支援者の方々をはじめ各地域の議員の先生方が応援に駆け付け、盛大に執り行われました。

高橋佑輔