TOP ビッグプロジェクト プロフィール 実績
フォト日記
<<先月のページ | 次のページ>>
2017年9月30日(土)
建築探訪「シュヴァンガウ / ドイツ⑧」 平成29年夏

ノイシュヴァンシュタイン城「ホーエンシュヴァンガウ」
ふもとから、徒歩で1時間をかけてこの場所(ビューポイント)へ!

ホーエンシュヴァンガウの山の上に、その華麗なお城が建っている。
このシンデレラ城とも呼ばれる城を築いたのが、バイエルン王のルートヴィヒ2世。
お城観光の入場券を朝一番に買った。ただし9時の入場まで1時間以上あった。
気持ちよく、山の上のお城まで元気に歩く事にした。
ロマンチック街道のフィナーレにふさわしいノイスヴァンシュタイン城
      
朝7時過ぎには、行列が「入場券売り場」  朝日がお城の山に「ホーエンシュヴァンガウ」   「お城まで、歩くぞー!」        
…「ノイシュヴァンシュタイン城」の入場チケットの発売が午前7時45分と聞いていた。
 チケットセンターへ7時過ぎに到着。驚くことに、既に何組かの人が並んでいた。

                  
やっと城へ「ノイシュヴァンシュタイン城内」 城からホーエンシュヴァンガウ城とアルプスを望む 温泉から二つの城を望む「クリスタル テルメ」
…ドイツには、たくさんの温泉がある

 高橋 正成
2017年9月27日(水)
建築探訪「フュッセン / ドイツ⑦」 平成29年夏

レンタカーでフュッセンに到着「フュッセン中心部」
アルプスの爽やかな風を感じる落ち着いた町だ!

古代ローマ時代には、ヨーロッパ北部とイタリアを結ぶアルプス越えの要衝の町。
15~16世紀には、町の繁栄とともに楽器の製作で有名な一族が活躍した。
三十年戦争で町の繁栄は幕切れとなったが、19世紀に入って再び活気を取り戻した。
隣村のホーエンシュバンガウに城が建設され、世界からの観光客に開放されたのだ。
※ヴェルツブルクから350㎞、ロマンチック街道の終点の町
     
   無料の高速道路、アウトバーン    時速150㎞でもバンバン抜かれていく 「ううーん、うまい!」終日運転の後のビール        
…この日、シュバンガウにある「ノイシュヴァンシュタイン城」のチケットを買えなかった。
 明日の早朝に再トライすることにして、
夜遅くまでたっぷりとビールをいただきました。
                  
   爽やかな朝を迎えて「シュパンガウ方向を望む/ホテルの窓から」    宿泊したホテル「ベストウエスタン/観光地で割高」
…そうそう、ドイツ・オーストリアのほとんどの家庭にはクーラーはない。夏でも涼しいのだ

 高橋 正成
2017年9月21日(木)
建築探訪「ランツベルク / ドイツ⑥」 平成29年夏

町の中心ハウプト広場「ランツベルク」 …教会や市庁舎がある小さな広場が素敵だ

人口2万8千人余りのロマンチック街道沿い、バイエルン州の小さな町。
オーストリアのチロル地方を源とする清らかなレヒ川が流れる。
詩情あふれる美しい町、ゆっくり滞在するのも良いものだ。
町の人たち、明るく陽気で親切でした。

   
ミュンヘンからレンタカー移動 レヒ川越しに町を眺める少女二人 →→ うしろ姿の撮影をお願いしたら               
…レンタカーを借りた「ミュンヘン駅店」…アウトバーンを考えて、大きい車とした 
  仲良し二人になりました   
      
  町の人々にも人気のレストラン 食事は、もちろん外で 郷土料理(煮込みポークと酢キャベツ)「レストラン アム・ヘクセントゥム」
…ドイツ人は、よく食べるのかなー? だから身体が大きい? …とにかく、食事量が多いのだ!

 高橋 正成
2017年9月19日(火)
来年も楽しみです!
今年の夏、たくさん実をつけてくれた

きゅうりさんが終わりを迎えました◎

美味しくたくさん食べることが出来ました!(^^)!

来年は何を植えようか、今から楽しみです♪

酒井 菜美絵
2017年9月16日(土)
建築探訪「ニュルンベルク / ドイツ⑤」 平成29年夏

戦犯法廷(向かって右側縦窓)「ニュルンベルク裁判所」 …ナチス幹部が裁かれた

ニュルンベルクは、全長5㎞の城壁で囲まれている城壁都市である。
古くは、神聖ローマ皇帝によって12世紀に城の基礎が築かれた。
また、ここはナチス党大会や悪法のニュールンベルク法など制定された町でもある。
第2次大戦後は今も使われている裁判所で、ナチス幹部の戦犯裁判が行われた。
 
※城壁都市:ヨーロッパの古くからの主要な町は城壁都市、ほとんど最深部には城塞がある。
  
日本でも、東京・大阪・名古屋・姫路・彦根・松本等々、主要な古い町は城壁都市なのだ。
 ※町並み:第2次大戦で町の90%が破壊されたが、昔の姿に忠実に復縁された。
 …ヨーロッパ人の築年数をたくさん費やす石造建築や古いものへの愛着(執着)に敬服。

     
  600号陪審法廷 ~意外と狭い      ナチス党大会 会場「市内」 高ーい位置の小便器「大会議堂」
 …とにかくドイツ人は、びっくりするほど背が高く大きい人が多い。(便器の高さにも納得/写真)
    
旧市街(城内)への城門  朝・昼食「市内パン店」       各主要駅で世話になったインフォメーション「中央駅」
 
…パンとビールだけは美味しい? (ドイツでの食事:ほとんど単純、ポーク・ソーセージ・キャベツ&バター・チーズ味)
  こってり味と大盛りには参りました。そうそう毎日は食べられません

 高橋 正成
2017年9月14日(木)
建築探訪「ヴェルツブルク / ドイツ④」 平成29年夏

街中を走るトラム(市電)「ヴェルツブルク中心部」 …私達の街にもトラムが欲しい

ヴェルツブルクは、フランクフルトからICEで1時間あまり。
ドイツバロック建築の代表、大司教のレジデンツとマリエンベルク要塞がある。
ドイツで最も人気のある観光ルート「ロマンチック街道」の北の起点でもある。
街道は、この町からローテンブルク~アウグスブルク等を通ってフュッセンに至る。
 ※ロマンチック街道:ノイシュバンシュタイン城までの約350㎞の中世の面影を残す道
 …フランクフルトからIC(特急)、ニュールンベルクへはICE(超特急)を利用した。
 ※ICE:インター シティー エクスプレス フランスでは:TGV スペインでは:AVE
   
 レジデンツの正面               恋人達「宮殿内」     白の間「宮殿内」
 …白の間:内装を白一色にしての視覚効果。(派手な色彩豊かな前後の部屋)
      
マリエンベルク要塞を望む   ICEを待つ「ヴェルツブルク駅」      食堂車「ICE内」

 高橋 正成
2017年9月9日(土)
建築探訪「ヴィースバーデン / ドイツ③」 平成29年夏
  
ドイツの名物パン「ブレーツェル」 …毎日食した(いろんな味)

ヴィースバーデンは、フランクフルトから列車で1時間のライン川沿いにある。
ドイツ・オーストリア等には、古くから
の温泉が多くあるが最も古い温泉の一つ。
バーデンバーデンなどと共に、ここもローマ時代からの温泉地。
そんなドイツの温泉へ行ってみることにしたのだ。
 ドイツの温泉、驚いた。
        
  鉄道切符販売機   ドイツ各地を結ぶICE(高速鉄道)  ハンバーグ行き?いや、ハンブルグです
 ドイツでは、なんと駅に改札がない~ただし罰金が高額
          
 毎日たくさんの飲料水を  駅で朝食のパン「フランクフルト」   列車内でもパンを「ICE内」

 高橋 正成
2017年9月8日(金)
建築探訪「ケルン / ドイツ②」 平成29年夏

ライン川越しに大聖堂(世界遺産)を望む 「ケルン」

紀元1世紀に、ローマ帝国の植民都市コローニアとして建設された。
(コローニア:ケルンkolnの名の由来)
ケルンの大聖堂に近づくにつれて、その威容に圧倒される。
ドイツへ行くなら、是非に訪れてみたいと考えていたのだ。
600年かけて造られた大聖堂。ガウディのサグラダファミリアが150年。
 …ヨーロッパの石造建築、おそるべし。
        
恋人達の錠がたくさん「ホーエンツォレルン橋」   石に圧倒される「世界最大の大聖堂」

        
   内部を観る「大聖堂」        美しいステンドグラス「大聖堂」

 高橋 正成
2017年9月5日(火)
要望対応
遊歩道整備の要望がありました。

早速対応させて頂きます。

何かお困り事があれば何なりとお申し付け下さい!

高橋 佑輔
2017年9月4日(月)
要望対応
近隣住民からの要望があり調査・対応。

日々、様々な声が寄せられております。

お役に立てるよう働いて参ります!

酒井 菜美絵
2017年9月2日(土)
建築探訪「フランクフルト / ドイツ①」 平成29年夏

若い女性の肖像 ボッティチェリ作 「シュテーデル美術館」 …感動

ドイツを尋ねた。格安航空券の南周りで初めにフランクフルトへ。

銀行や保険会社の本社ビルが建ち並ぶ商業近代都市である。
市内を流れるマイン川沿いには、博物館や美術館が並んでいる。
ドイツ最大級の中央駅からはドイツ各地への列車が発着している。
ヨーロッパの旅の始まりは、この中央駅からのスタートとなった。
  
空港から中央駅へ   重厚な駅「中央駅」   ルノワールも「シュテーデル美術館」

    
 旧都市貴族の館「レーマー広場」     難しかった?博物館「ドイツ建築博物館」

 高橋 正成